不倫小説

映画だけでなく、小説でも不倫を題材にしたものがいくつもあります。小池真理子の作品「蜜月」「エリカ」など他の作品も含め、どっぷり浸れて、客観的にも習慣的にも苦しめるでしょう笑

話題の小説作品

・錦繍 – 宮本輝

運命的な事件。愛しながらも離縁。そして長い歳月を経て再開。孤独を生きた過去を埋めるかのような男女の愛欲が描かれた作品

・テニスボーイの憂鬱(上)(下) – 村上龍

実際にテニス狂の筆者が描いた、許されむ愛。村上龍の細かいテニスの描写と、独特な性的表現が、官能小説よりも脳に直接感じさせる作品。

・みずうみ – 川端康成

古い小説作品となるとこの作品。タイトルからは清いイメージを想像しやすいですが、中身はストーカーと不倫。でもなぜか、読み終わった後には美しさすら感じる。